ウエブ架線

織田レモソが書いたweb小説おきばです

サクラフェイカー / 16 【終】

サクラフェイカー、これにて終了でございます。 ご読了誠にありがとうございました。 16:開花宣言 俺が目を覚ますと、そこには柔軟剤と人の匂いの混じった香りが鼻腔をくすぐった。明らかにスカートのような模様が目に映ると、彼女の膝の上に頭が乗っている…

サクラフェイカー / 15

桜坂周辺に住みたいけど、車がないと不便な気がしています。 15:いのり 時刻は午後22時40分を過ぎた。俺と彼女は今までになく共にしていた。いつもこの時間であれば、どちらかの家に言っていたはずだった。しかし今日は違った。テーマパークを出てからも、ど…

サクラフェイカー / 14

この物語はフィクションです。 14:てっぺんの魔法 観覧車スターライトホイールは相変わらず30分の待ち時間だった。もうそろそろ少なくなってくるんじゃないかなと思っていると、並んでいる途中で表示が消えた。後ろを見ると従業員が並ぼうとしている人たちに…

サクラフェイカー / 13

つま先立てて海へ、モンローウォークしていく感じですね。 13:魔性の女 魔性の女はその後、実にいろんなところを回ってみせた。甘い匂いのする路地裏で猫と戯れたと思いきや、家電量販店で炊飯器を物色し、かと思えば公園のベンチでソフトクリームを舐めてい…

サクラフェイカー / 12

終わりまであと4回です。 12:終わりを待つ日々 翌日。 俺と彼女は初めて会ったSLSの7Fレストランフロア、カフェスマイルにて軽食をとっている。ただいま午前10時過ぎ。朝食の代わりであるベーコンレタスサンドを食いつつ、俺と彼女は一人の女を意識していた…

サクラフェイカー / 11

僕はGEOよりもTSUTAYA派です。 11:レンタル それでも時は無情に過ぎて、見れば19時を回っていた。もうそろそろ家に帰らなければいけない。いや、家に帰さなければならない。俺は彼女に帰ろうと言おうとしたが、先手を打たれた。 「まさか帰ろうなんて言いま…

サクラフェイカー / 10

僕は今、リアルエロゲシチュエーションというエロゲをオートプレイしながら投稿記事を書いています。 10:おまじない 俺と彼女は外に出た。橙色に染まった星空に、夜の帳が降りかけていた。 「朝倉さん、これから学校に行きませんか?」「桜庭さんの?」 彼女…